安い地震保険・火災保険

安い地震保険はあるの?付帯する火災保険の相場は?

安い地震保険ってあるの?金額相場と選び方

 

大きな地震があるたびに話題になる地震保険は、
補償が十分なものを選んでおくことが何よりも大事です。

 

 

いざ、地震が起きて、自宅が住むことのできない状態になった時、
ご自身、ご家族がそれからの生活に困らないための保険です。

 

 

また、掛け金が生活の負担になるのを避けるためには、
なるべく安くて保障も十分な商品を選びたいですよね。

 

 

ちなみに、火災保険に加入しておけば、
住居の被害は補償されていると思っている方も多いようなのですが、
地震、地震による津波、火山の噴火による火災は、
火災保険では補償されません!

 

 

とにもかくにも、「地震」に関連する住居の被害については、
火災保険とは別に、地震保険に加入する必要があるのです!

 

 

さて、それでは、安い地震保険を発表します、、、
と言いたいところなのですが、
地震保険は火災保険の特約であり、

 

 

地震保険は火災保険とセットでしか入れません。

 

 

政府と損害保険会社各社が
国の法律に基づいて運営しているため、
どこを選んでも補償の範囲や内容には違いがありません。

 

 

保険料については、建物の構造や所在地によって変わります。
ですから、ゆいいつ、地震保険を安く方法があるとしたら、

 

 

地震保険料が安い地域に住むという選択です。

 

 

なんて言われたところで、
はい引越します!とは言えませんよね、なかなか^^;

 

 

ですが、せっかくですので、
地震保険料の相場をお知らせしておきます。

 

 

2019年1月に改定される地震保険料の場合、

 

高いのが、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県。

 

比較的安いのが、
岩手県、秋田県、山形県、栃木県、群馬県、富山県、石川県、
福井県、長野県、滋賀県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、
山口県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県。

 

 

地震発生の可能性が低い地域へ引っ越すこと以外に、
いつ起きるかもわからない地震に対する現実的な対策は、
やはり、地震に対する事前の備え、
具体的に言えば、地震によって家が全壊しても、
建て替えることのできる貯蓄ということになりますが、、、
これも現実的はありません。

 

 

そこで、

 

 

地震に備えるために唯一できる方法が、
「地震保険」に加入するということになります。

 

 

ちなみに、参考例として、管理人自身が、
地震保険をつけた火災保険のの見積もりを取って比較してみました。
わかりやすく安い順にランキングしましたので、
相場として、ぜひ参考になさってください。

 

安い地震保険ってあるの?金額相場と選び方

 

地震保険付帯の火災保険見積もり結果比較 安い順ランキング

 

◆基本的比較条件◆
建物の所在地: 東京
建物構造: M構造
保険金額: 1,000万円
家財: 500万円
保険期間:1年
補償の範囲:
火災、落雷、破裂・爆発
風災、雹(ひょう)災、雪災
水災
盗難、水ぬれ、建物外部からの物体の衝突等
破損・汚損
地震保険: あり

※それぞれの会社によって、まったく同じ条件ではない可能性があります。
あくまで、管理人に対する見積もりでありますこと、ご理解ください。

 

安い順 会社名 商品名 保険料
楽天損保

ホームアシスト
・オールリスクプラン

20,580円
セコム損保

セコム安心マイホーム保険
・ワイドプラン

20,950円
損保ジャパン日本興亜

THE すまいの保険
・ベーシック(I型)

21,890円
東京海上日動火災

Total assist 住まいの保険
・I

24,780円
三井住友海上

GKすまいの保険
・6つの補償

25,990円

 

掛けられる金額は、火災保険の金額によって変わります。
およそ30%〜50%の範囲内ということで、
建物と家財を全てまかなえるほどの補償をもらうのは、
難しいかもしれません。

 

 

ただし、とても重要なのは、

 

 

地震の被害については地震保険でしかカバーできない

 

 

ということです。
地震を原因とする被害に対して、火災保険からは、
一切保険金が下りないということなのです。

 

格安の火災保険の探し方

 

地震保険を安くしたい = 火災保険を安くする

 

 

保険料を安くするため重要なのは、
基本契約となる火災保険の補償内容と
かけ金を比較して、保険会社やプランを選ぶことです。

 

 

火災保険で補償されるのは、下記のような事態。
「火災、落雷、破裂・爆発」
「風災、雹(ひょう)災、雪災」
「水濡れ、物体の落下・飛来、騒擾(じょう)等」
「盗難」
「水災」

 

 

これら全てを選択するのか、
それとも、ご自宅の周りの環境をよく考えたうえで、
いくつかの補償を省き、
保険料を節約するということも考えられます。

 

 

具体的にいうと、まずは、
自分の住んでいる地域のリスクを把握するためにも、
国土交通省や自治体のハザードマップを確認してみましょう。
その上で、例えば水害のリスクが高い地域であれば、
「水災」の補償は省いてはいけないということになります。

 

 

もし、タワーマンションの高層階に住んでいる場合には、
水災の補償は節約する選択肢もありますよね。

 

 

また、保険の対象についても、
「建物」のみを対象とするのか、それとも、
「建物」とそれに収容される「家財」の両方を対象にするのかで
保険料も大きく変わります。

 

 

そして、火災保険のみでは、
地震等による損害は補償されませんので、
見積もりの際は、地震保険を選択することをお忘れなく。

 

火災保険一括見積もりを使用された方の声

 

■地震保険に入りたくて使いました
地震のニュースを見て地震保険に入らなきゃ行けないと思い、
使ってみました。

 

地震保険は火災保険とセットでしか入れないとのことで、
今まで入っていた火災保険の解約が必要でしたが、
結果的には安いうえに補償が加わって納得がいく選択ができました。

 

現在加入している地震保険を安くしたい方は、まずは、
ご契約中の火災保険(地震保険料込)の価格を確認しましょう。
その上で、他社の火災保険の価格と比較して、
相場をチェックください。
必ず地震保険を付帯させた保険料と比較してくださいね。

 

火災保険一括見積もり

 

 

 

また、割引が適用される場合もあります。
それが下記のような場合です。

 

 

 

日本は世界に知られる地震国であることは間違いなく、
地震保険への加入は必須と考える人は少なくありません。

 

 

ただし、増加傾向にあるとはいえ、
加入率は全世帯の4件に1軒の割合とも言われており、
決して多くはないようです。
大きな地震を経験した地域では加入率が高く、
そうでない地域では普及が進んでいません。

 

 

その理由は、補償内容の割に価格が高額で、
補償金額の支払いにも特有の条件があるからと考えられています。
また、火災保険に付帯するため、
基本的に単独での加入ができないのも理由のひとつでしょう。

 

 

補償内容について不安がある時には、
単独でも加入可能な地震補償保険を検討するのも一つの方法です。
加入に当たっての条件や補償額の上限はあるものの、
補償を手厚くするためには有効な手段といえます。

 

 

同じ補償内容を安い掛け金で受けるためには、
築年数割引や耐震等級割引を利用すると良いでしょう。
また、1年払いではなく、
2年、3年などまとめ払いすることでも安くできます。

 

 

今加入している地震保険がある場合でも、
今はまだ、地震保険に加入してないという方も、
まずは、現在、
どんな火災保険に入っているのかを確認してみてください。

 

  • 火災保険に入っているか。
  • 火災保険の補償対象に、「家財」は入っているか。
  • 地震保険を付帯しているか。
  • 地震保険の補償対象に、「家財」は入っているか。

 

まずはこれをチェックしてみてください。
そして、そのあとは、保険料と支払われる保険金のバランス。
なかなか、手間と知恵が必要な作業です。

 

 

もう、どの保険を選んだらいいのか、何が適正なのか・・・

 

 

悩みますよね。
そんな時は、お近くの相談窓口で、
保険のプロにお話を聞いてみると良いですよ。

 

 

今は、窓口に相談に出かける方法と、
ファイナンシャルプランナーに自宅に来てもらう方法もあるのです。
こちらで詳しく紹介しています。

 

>> 最も効率的な保険の相談方法とは?