賃貸物件での地震保険どうなの?火災保険だけでは足りないのか

賃貸物件での地震保険、加入するべき?

 

新規に家を購入した人の地震保険加入率は、
年々増加しているそうですが、
賃貸の場合は、加入すべきか迷うところです。
火災保険と同時に加入するべきなのか、
賃貸物件での必要性について考えてみましょう。

 

 

保険料値上がりのニュースや大きな地震の後には、
賃貸でも保険加入を検討する人が増えると言われています。
ただ、火災保険に比べると加入率は低いのが現状のようです。

 

 

賃貸の場合は、
家財に対する補償をメインに考えたほうが良いでしょう。
もし、地震で火災が起きたとしても、
火災保険では補償されません。

 

 

また、
停電が復旧した後に、壊れた家電が原因で火事になっても、
火災保険の支払い対象外です。
地震を起因としたものは、火災であっても、
別の扱いになるという点について理解しておきましょう。

 

 

新しいものを購入するにも、
壊れたものを廃棄するにもお金がかかります。
保険金が入れば、金銭的な負担を軽減することも可能です。

 

 

入居時に、
火災保険の加入が義務付けられている物件は多いですが、
地震保険については案内すらないことも少なくありません。

 

 

しかし、加入の際は、
主契約となる火災保険の額が基準となって、
上限金額が決められるので、
内容をしっかり把握しておきましょう。
支払いの基準は、全損と大半損、
小半損、一部損の4つに区分され、時価が適用されます。

 

賃貸物件での地震保険、加入するべき?

 

火災保険の額が少なければ、全損と認定されても、
家財道具一式を買い揃えるのに十分な額が支給されるとは、
限りません。
万が一を考えて補償を上乗せしたい時は、
主契約となる保険プランから見直す必要があります。

 

 

賃貸住宅の場合、同じ場所に住めなくなっても、
住宅ローンが残るわけではないので、
保険は不要という考え方もあります。

 

 

ただし、新しい物件を近場で探したいでしょうし、
同時に職を失う可能性も考えられます。
加えて、
引っ越し費用や新しい家の敷金などが必要になることを考えれば、
保険金がもらえるにこしたことはありません。

 

 

地域によっては、
地震の危険性が極めて高いと判定されている場所も多いので、
災害に対する備えは大事です。
何かあった時の安心料として加入するか、
その分を貯蓄に回した方が良いのかは、
世帯ごとに最適な方法も違ってきます。

 

 

最初から不要と決めつけるのではなく、
保険料と補償額のバランスを考えて、
必要かどうかを検討してみると良いでしょう。

 

 

災害に遭わないのが一番ですが、
どこにいても避けられないのが地震です。
賃貸でも保険が必要かどうかは、
蓄えや家財の価値とのバランスを考えて決めましょう。

 

 

地震保険は火災保険とセットでしか入れませんので、
まずは、ご自身が現在火災保険に加入しているのか確認し、
火災保険の保険証書を見て、
地震保険に加入しているかどうか確認してみてください。

 

 

もし、地震保険に加入していない場合は、
現在ご加入の火災保険の保険会社に連絡をし、
地震保険に加入した場合の保険料を確認してください。

 

 

そして、そのうえ、
火災保険の一括見積もりをしてみることをおすすめします。
あなたの火災保険の保険料の相場がわかります。
もちろん、火災保険にも入っていないという方にもおすすめです。