別荘で地震保険に加入することは可能?断られるケースもあるのか

別荘で地震保険に加入することは可能?断られるケースもあるのか

 

家族で過ごす休日や、
老後のためにと都会から離れた場所に別荘を購入する人は、
少なくありません。
別荘でも、地震保険に加入することは可能なのか、
断られるケースもあるのか調べてみました。

 

 

地震保険は、住宅物件や併用住宅物件を対象としたもので、
原則として、人が生活する建物のみ加入できることになっています。
普段は人が住んでいなくても家財があり、
定期的に長期の滞在をしているという要件を満たせば、
住宅物件と認められます。

 

 

逆に1年に数日しか滞在しない、
生活に必要な家財が設置されていない場合は、
住宅とはみなされません。
保険に加入できるかどうかは、居住できる建物かという点が重要です。

 

 

また、別荘向けの火災保険に加入できたとしても、
地震の補償を特約として付けられないこともあります。
将来的に移住することを考えていても、
現時点で居住実態がなければ加入は難しくなります。

 

 

地震保険は、被害で壊れた建物や家財を全て補償するというよりは、
生活の立て直し資金を支給するという考えに基づいています。
このことから、原則的に通念的な居住を目的としない別荘の加入を
認めないという規定になっています。

 

 

ただ、どのくらい住んでいれば住宅用物件とみなされるのかは、
保険会社の判断です。

 

別荘で地震保険に加入することは可能?断られるケースもあるのか

 

保険料については、一般的な住宅と同じですが、
そもそも別荘というだけで引き受けてもらえないケースもあります。
また、加入していたとしても、
地震の被害を保険金でカバーできるほどの支給はありません。

 

 

必ずしも、保険に加入できないわけではないものの、
加入率が住宅よりもさらに低いのは加入を断られることも多いからです。

 

 

普段から生活している住宅と違い、
高価な家財を置きっぱなしにすることもないため、
必要性を認識しない人も少なくありません。
居住の実態を示すための手間や保険料のことを考えると、
別荘に地震保険を付帯させる人が少ないのも当然かもしれません。

 

 

とはいえ、大事な財産でもあるので、
入れるのであれば入っておくというのも一つの方法でしょう。
引き受けの可否や入れるプランなどを,
保険会社に確認してみるのが、最も確実な方法です。

 

 

新築のみ加入可能という保険会社もあるので、
購入前に相談をしたり、調べておく方が良いかもしれません。

 

 

別荘を住宅として認めてもらうためには、
様々な条件が付くため、保険会社に個別の問い合わせが必要です。
新たに購入を検討している場合は、
基本となる火災保険のプランや補償内容などを比較して、
保険会社を選びましょう。

 

>>自分に合っている地震保険を探す方法は?