戸建て物件での地震保険について・選び方のポイントは?

戸建て物件での地震保険について・選び方のポイントは?

 

戸建て住宅を所有している場合、
万が一に備えて、
住まいに関する保険の加入を検討する人が多いでしょう。
地震保険もその一つですが、
選ぶ時にはどんな点に気をつければよいのでしょうか。

 

 

住宅にかける保険としてよく知られているのは火災保険です。
火事はもちろん、落雷や雪害、水漏れや盗難などの損害にも
幅広く対応しています。

 

 

ただし、基本契約に
補償をプラスしなければ、限定的な補償内容になるため、
セットプランで申し込む際には注意しましょう。

 

 

保険会社によっては、一部を
家財保険として別に申し込まなければいけないこともあります。
生活用品への被害をカバーするための補償が必要であれば、
基本契約だけでは不足するということです。

 

 

最近は、
必要な内容を自由に選べるタイプの保険も増えているので、
セットプラン以外で検討する人も少なくありません。

 

 

火災保険は多くの災害や被害に対応可能ですが、
地震が原因の被害については適用対象外です。

 

戸建て物件での地震保険について・選び方のポイントは?

 

地震の際には、
建物の倒壊や火災、水漏れなど様々な被害を受けますが、
これらをカバーできるのは地震保険のみです。
そのため、火災保険を基本に、
特約として地震の際の補償も付ける必要があります。

 

 

建物と家財の両方に地震の際の補償が付けられますが、
戸建ての場合はどちらにも加入しておいた方が良いでしょう。

 

 

ただ、損害の全てが補償されるものではなく、
保険金額も火災保険の30%〜50%となっています。
損害の度合いも4つに区分されており、
どう認定されるかによって支払われる保険金額も変わってきます

 

 

地震保険料は、地域や建物の種類による差はあるものの、
どこの保険会社で申し込んでも同じです。
また火災保険に対して掛けられる金額が変わるので、
選ぶ際には基本契約部分が重要です。

 

 

ローンの残債がほとんどなく、
貯蓄も十分であれば、保険金額を低めに設定しても大丈夫でしょう。
保険金額が低ければ、支払うべき保険料も抑えられるので、
生活にも影響を与えません。

 

 

逆にローンの残債が多く貯蓄にも不安がある場合は、
保険で少しでもカバーできるようにしておいた方が安心です。

 

 

保険金を貰っても、
全壊した家の再建や家財道具の新規購入は難しいかもしれません。
しかし、すぐに生活に困るような状況にならないだけでも、
保険に入る価値はあります。

 

 

戸建て物件は大きな財産なので、
保険で万が一に備えたいと思うのも当然です。
建物と家財の両方の保険に加入しておき、
金銭面と精神面のダメージを軽減できるよう準備しておきましょう。