そもそも地震保険とはどんな保険なの?仕組みをおさらい

そもそも地震保険とはどんな保険なの?仕組みをおさらい

 

地震保険に未加入の人だけでなく加入済みの人でも、
意外と仕組みについて曖昧な点は多いようです。
ここでは、成り立ちから補償の範囲までを
わかりやすくご説明します。

 

 

世界一の地震国と言われる日本ですが、
その被害を補償できるのは地震保険だけです。

 

 

これは被害が広範囲に及ぶこと、補償額が大きくなることで
保険会社だけで引き受けるのが困難だからです。
そのため、地震保険は保険会社の商品でありながら、
国の制度という一面も持っています。

 

 

単独で加入することはできず、
原則として火災保険に付帯するのが他の保険と異なる点です。

 

 

阪神大震災以前は地震による火災も、
火災保険で補償されると考える人も多かったようです。
しかし、この地震以降は、
火災の原因が地震の場合は補償されないという認知度が
上がったと言われています。

 

 

補償される損害の範囲は、地震や噴火、
これらを原因とする津波が原因となる火災や損壊、流出などです。
地震と名前がついていますが、
噴火による溶岩や火山灰等による家屋や家財の焼失も適用範囲です。

 

そもそも地震保険とはどんな保険なの?仕組みをおさらい

 

建物が木造なのか非木造なのかという点と、
地震や噴火のリスクがある地域なのかという点を考慮して、
保険料を算出します。

 

 

契約は保険会社を通して申し込みますが、
会社による保険料の違いはなく、どこで申し込んでも同じです。
被害のリスクが少ないと認められた免震建物などは、
保険料の割引が適用されることもあります。

 

 

契約金額は、
主となる火災保険の契約金額の30〜50%の範囲内でしか設定できず、
上限は建物で5000万円、家財で1000万円です。

 

 

4つに区分された被害の程度によって保険金が支払われますが、
保険料に対して補償額が低いと考える人も少なくありません。
実際、保険金を満額でもらったとしても、
家を再建するのに足りない場合がほとんどです。

 

 

しかし、住宅ローンの返済や引越しなど使途は限定されておらず、
生活再建のサポートという意味合いが強いと言えます。
地震の際は、生活や仕事に大きな変化がありますが、
それを乗り切るための資金だと考えたほうが良いでしょう。

 

 

強制加入ではないので、金銭的な問題を抱える心配がなければ、
加入の必要はないかもしれません。
ただ、地震が起きた後の生活に少しでも不安を感じるのであれば、
リスク回避の手段としては有効と言えます。

 

 

付帯でしか加入できなかったり、
補償額の上限が低かったりという問題が指摘されることもあります。
しかし、いざという時の補填になることは間違いないでしょう。