地震保険のメリットとデメリットについて・不要な補償もある?

地震保険のメリットとデメリットについて

 

地震に備えて保険に加入する世帯は年々増加していますが、
まだ加入率は全世帯数の半分にもなりません。
本当に必要なのかという疑問を解消し、
メリットとデメリットを知ってから地震保険加入を検討しましょう。

 

 

最大のメリットと言えるのは、やはり
他の保険では地震の被害を補償することができない点です。
また、政府による再保険が約束されており、
保険金支払いについての信頼性もあります。

 

 

被害の補償範囲は地震だけでなく、
噴火やそれに伴う津波による被害も含まれています。
地震大国であると同時に、
多くの活火山を有する日本に住んでいるからには、
必須の保険とも言えるかもしれません。

 

 

地域が壊滅的な状況に陥るほどの大地震でも、
保険金支払いは早期に行われます。
そのため、
地震後の生活再建にすぐ使用できるお金がもらえる
という利点もあります。

 

 

建物と家財に分けて加入できるので、
世帯ごとの状況や支払う保険料に合わせて
契約方法の選択が可能です。

 

 

これだけのメリットがありながら加入率が低いのは、
デメリットに感じる点も少なくないからです。

 

地震保険のメリットとデメリットについて

 

まず挙げられるのが、
保険料の高さと火災保険の付帯でしか加入できないことでしょう。
付帯契約のため、最高で火災保険の半額までしか設定できず、
建物5000万円、家財1000万円という上限もあります。

 

 

4段階に設定された支払い基準では、
実際の損害よりも、
少ない保険金しか受け取れないこと場合も多いようです。
ほとんどの人は、
保険料を受け取っても建物の再建ができないのが実状で、
それが加入を迷う理由とも言われています。

 

 

メリットは多いもののデメリットも考えられる地震保険の加入は、
任意でしかありません。

 

 

家を再建する目的で加入を検討しているのであれば、
それは難しいと思った方が良いでしょう。
ただ、地震による被害を他の保険でカバーできないという点は、
きちんと理解しておいてください。

 

 

火災や倒壊などで家に住めなくなれば、
すぐに次の住居の確保が必要です。
家財道具の購入や引っ越し費用も必要になりますが、
保険金がもらえれば負担もかなり軽減できます。

 

 

元通りの家を建て直せる保険金がもらえないなら、
損をするという考え方もあるかもしれません。
しかし、被害直後の生活を補償できる唯一の保険だと思えば
決して高い保険料ではないでしょう。

 

 

支払い方法や保険金額の設定などでも保険料が安くなります。
自分にとって本当に必要なのか、
デメリットを解消する方法がないのかも検討してから加入を決めましょう。