耐震リフォームを行うことで地震保険を安くする方法とは

耐震リフォームを行うことで地震保険を安くする方法とは

 

耐震性に不安がある建物も、
リフォームによって地震に強い建物に変えることが可能です。
基準を満たすことで、地震保険を安くするためにも役立つので、
ぜひ検討してみましょう。

 

 

地震保険の保険料は、
地震の揺れによるリスクがどのくらい予測されるか、
建物の構造を基準にして算出します。

 

 

一般的には、
鉄骨やコンクリート造りの建物の方が地震に強いため、
木造よりも保険料は安く設定されています。
しかし、木造住宅であってもリフォームで地震のリスクを軽減でき、
それが認められれば保険料の軽減も可能です。

 

 

住宅の経年劣化に合わせて、
みた目を整えるリフォームを行う人は多いかもしれません。
それを構造強化の耐震リフォームとして行えば、
安心して長く住める家に変えることもできます。

 

 

地方公共団体等による耐震診断や耐震改修を行い、
耐震基準を満たす建物へのリフォームも検討してみましょう。

 

 

耐震リフォームでは、主に基礎の補強、壁の補強、
接合部の強化工事が行われます。
建築基準法が改正される前の建物は、
地盤が支えられる荷重に応じた底盤の大きさや
鉄筋の量が曖昧でした。

 

 

また、壁の構造や構造材の結合部を繋ぐ金物についても、
明確に定められていませんでした。
揺れに耐えきれず倒壊や損壊する建物も多く
さらに火災が起こったために、
甚大な被害をもたらした地震も少なくありません。

 

耐震リフォームを行うことで地震保険を安くする方法とは

 

多くの地震から得た教訓を元に定められたのが、
新しい建築基準法です。
倒壊などの危険性が少なくなると証明されているからこそ、
保険料の割引が適用されるとも言えます。

 

 

耐震リフォームで保険料を安くするためには、
適合住宅である証明が必要です。
品確法に基づく登録住宅性能評価機関が作成した書類、
地方公共団体等の耐震診断結果などがそれに当たります。

 

 

これらの書類に基づく割引を受けた契約をしておけば、
次回以降はその保険証書を確認資料とすることもできます。

 

 

床下や壁に手を入れる工事をする予定があるなら、
家の耐震性も同時に見直すのがお勧めです。

 

 

身の安全を確保するためにも重要な工事ということで、
自治体などからリフォーム費用の補助が出ることもあります。
保険料の割引に加えて、
工事費用も安くなる可能性があるので、
家計の負担を減らすためにも良い方法と言えるでしょう。

 

 

他の保険に比べて割高に感じる人も多い
地震保険の保険料を安くするには、
割引を利用するのが一番です。
そのための方法として、耐震リフォームを行うことも
選択肢の一つに入れておきましょう。

 

 

いろいろと、悩んでしまわれる方も多いと思います。
そんな時は、お近くの相談窓口で、
保険のプロにお話を聞いてみると良いですよ。

 

 

今は、窓口に相談に出かける方法と、
ファイナンシャルプランナーに自宅に来てもらう方法もあるのです。
こちらで詳しく紹介しています。

 

>> 最も効率的な保険の相談方法とは?

 

 

>> 自分に合っている地震保険を探す方法は?