地震保険は必要か?それともいらない?必要性を考えてみた

地震保険は必要か?それともいらない?必要性を考えてみた

 

地震が起きた直後は、
地震保険の必要性について考える人が増えると言われていますが、
未加入の人も少なくありません。
本当に必要か、それともいらないのかを
様々な面から検証してみましょう。

 

 

火災保険の特約という形で加入できるにもかかわらず、
地震保険世帯加入率は3割にも満たないと言われています。
この理由として考えられるのは、
地震が起きた時の損害を、
全て補償してくれるわけではないからでしょう。
家財や建物の補償額には上限があり、
掛けられるのも火災保険の50%までと決められています。
そのため、補償内容に比べて保険料が割高に感じる人も多いようです。

 

 

もしくは、
火災保険には入っているけど、地震保険のことは考えたことがなかった!
という方も少なくないようです。

 

 

これまで大きな地震がない地域に住んでいる場合、
必要性より保険料の負担の方が大きく感じるのかもしれません。
確かに掛け捨ての保険料だと考えると、
特に必要ないと思うのも仕方ないかもしれません。

 

 

新たに住宅を購入した人については、
保険加入率が半数以上というデータもあります。
これは、大地震の被害状況を目の当たりにして、
少しでも補償があった方が、
地震後の負担が軽減できると思ったからでしょう。

 

地震保険は必要か?それともいらない?必要性を考えてみた

 

被災後は、生活も仕事もままならない状況になりますが、
そんな時に給付金が受け取れれば生活再建の足しになります。
被害を受けた住宅や家財を全て元通りにできなかったとしても、
当面の生活に困ることはなくなるという訳です。

 

 

住宅ローンが残っている、十分な貯蓄がない世帯については、
地震保険の必要性が高まるのではないでしょうか。
完全復旧のためでなく、
復旧のサポートという意味合いが強い保険という点にも
留意しましょう。

 

 

保険が必要かどうかについては、
保険料についても考えなければいけません。

 

 

火災保険に特約を付ければ保険料も一気に跳ね上がってしまい、
支払いが大きな負担となります。
しかし、全く補償がない状態で、万が一の状況に直面すると、
生活も仕事も立ち行かなくなることも考えられます。

 

 

リスクの大きい地域に住んでいて不安を感じるのであれば、
加入しておくべきです。
割引制度を上手に活用すれば、保険料を抑えることも可能です。

 

 

地震への備え、火災保険への加入だけでは足りないの?

 

地震保険は必要か?それともいらない?必要性を考えてみた

 

火災保険には加入しているけれど
地震保険には未加入という世帯は多いようです。
しかし、名称が異なることからもわかるように
それぞれ補償の範囲はちがいます。

 

 

火災保険
火事による損害だけをカバーすると
考えている人も少なくありませんが、
実は多くのリスクに備えられる保険です。

 

 

プランによって違いがあるものの、
火事以外にも水災や風災、
盗難被害や水濡れなども補償対象となります。

 

 

もちろん保障内容が
少なければ少ないほど保険料も安くなりますが、
万が一を考えると
手厚い内容
にしておいた方が安心ですね。

 

 

自宅にとってどんな補償が必要なのかは、
住んでいる地域によっても異なります。

 

 

台風や雪の被害が多い地域であれば、
こうした災害に対する備えとなる補償が必要不可欠となります。

 

 

ただし、様々な災害が補償内容に含まれていても
地震に関係するものはカバーできません。
火災保険だけでは足りません。

 

 

通常の火災で隣家からの延焼を被った場合は
火災保険が適用されますが、
地震の際の延焼は適用外です。
この場合も、火災保険だけでは足りません。

 

 

大規模な地震が起きた時に、
揺れによる建物倒壊と同じくらい多いのが火災ですが、
これは火災保険を適用できません。

 

 

地震による津波や建物の倒壊の補償をできるのは
地震保険だけなのです。

 

 

そして、この地震保険は、
火災保険とセットとなっており、単独では加入できません。

 

地震保険は必要か?それともいらない?必要性を考えてみた

 

地震保険は、
加入する火災保険の額に応じた補償金額を設定できますが、
設定できる額には上限があり、
保険料は割高と感じるかもしれません。

 

 

保険料が高額になる理由は、
火災よりも地震の確率の方が高いと考えられているからで、
だからこそ地震保険が必要とも言えます。

 

 

いつ、どこで地震が起きるかわからないリスクを考えると
火災保険だけでは足りないのです。

 

 

これまでの震災でも、未加入で家の再建費用どころか、
当分の生活資金すら確保できなかった人は少なくありません。

 

 

100%補償されなかったとしても
被害に遭った時に受け取れるお金がゼロではないという安心感、
また、当面の生活の支度金だと考えれば、
十分に意味のある保険です。

 

 

リスクに備えるための火災保険に加入していながら、
地震のせいで全てを失った挙句、
補償されなかった人はたくさんいます。

 

 

保険料が高くなったとしても
万が一に備えるという意味では、地震保険は大事です。

 

 

強制加入ではないものの、
生活再建のための費用を確保するためにも
加入しておいた方が良さそうです。

 

 

地震が多い国だけにリスクに対する備えが大切です。

 

 

加入は任意ですが、
もしもの時に備えるのが保険の目的だということは忘れてはいけません。
他の保険では、地震のリスクには対応できません。

 

 

資産状況や持ち家なのかそうでないのかなど、
地震保険の必要性は条件によっても変わってきます。
保険加入の前には、
災害時の生活についてシミュレーションしてみるのもお勧めです。

 

>>自分に合っている地震保険を探す方法は?