マンション入居中の地震保険は必要?考え方について

マンション入居中の地震保険の考え方について

 

地震保険は、一軒家だけでなくマンションも対象になりますが、
賃貸か分譲かで加入方法も変わってきます。
ここでは、そもそもマンション入居中にも保険が必要なのか、
どう加入すれば良いのかについてご説明します。

 

 

地震保険は、火災保険とセットで加入することが大前提となります。
ただ、ほぼ全世帯が加入する火災保険とは違い、
任意ということで未加入の人も多いようです。

 

 

しかし、地震による火災などは、
地震保険でしかカバーできませんし、
その他の被害についても原因が地震であれば同じです。

 

 

補償額が少ないので入る意味がないと考える人もいますが、
もらえるお金がゼロでは生活に困窮する可能性もあります。
同じマンションに住み続けられなくなった時のことを考えて、
生活資金のために加入する方が安心でしょう。

 

 

特に、新規購入後にローンが多く残っている場合は、
保険金が大きなサポートとなるはずです。

 

 

共有部分と専有部分に分かれているため、
個人が加入できるのは専有部のみです。
建物全体で加入する場合は、
管理組合が所有者に合意を取ったうえで決められます。

 

マンション入居中の地震保険の考え方について

 

ただ、全損でも建て替えに十分な費用が支払われないため、
合意を得るまでに時間がかかるとも言われています。

 

 

管理費に保険料が上乗せされることから、
全員が同意するのは難しいですし、
耐震マンションでは不要だという人もいます。
自室と建物全体の保険料を払い続けることに疑問を感じるのも、
当然かもしれません。

 

 

比較的新しい建物の場合は、
あえて共有部分の保険に加入する必要性は低いと言えそうです。

 

 

マンションであっても地震保険が必要だと思われるのは、
家財に対してです。
揺れによる落下で破損した電化製品などの生活用品は、
保険の補償範囲内です。

 

 

また、地震で火災が起きた時に家財が水濡れした場合、
火災保険は適用されないので注意しましょう。

 

 

損害は、食器陶器類、電気器具類や家具類を始め、
身の回り品その他と衣類寝具類に分けて判定されます。
どの程度の被害かによって保険金が支払われるため、
全てを買い替えるとまではいかないでしょう。

 

 

しかし、生活に必要な最低限の物を買い揃えられるだけでも
被災後の暮らしは楽になるはずです。
保険に加入するかどうか迷った時には、
家財部分だけでも補償されるようにしておくと安心かもしれません。

 

 

マンション入居中は、まず最低限の保証となる、
家財保険から検討すると良いでしょう。